ヅカを愛した日々に偽りはない

観劇の感想などを興奮気味に語ってます(語彙力欠如気味)

(続き)ジャーとビルマーヤを演じてくれた2人の言葉

 

日、大好きな作品「金色の砂漠」の、

これまた大好きな2人について語らせていただきました。

何度も作品を観ながら一人で考察していたので

それを言葉にすることができて幸せでした... 

 

tkrzk-kzrkt.hatenablog.com

 

 

回は、ジャーとビルマーヤを演じた芹香叶亜さんと桜咲彩花さんが「金色の砂漠」について話されていたことのまとめ...これも自分用のメモのような記事になりそうです。悪しからず。

 

 

桜咲彩花さん

宝塚人生の中でこの役に巡り合えて良かったし、この役に巡りたかった

 

自然に心が動いて台詞を言えたという感覚があった 

 

 

芹香叶亜さん

ジャーは思いやりの塊。全ての言葉と行動が誰かのために。

 

現実を受け止めて生きていく強さ、強さがキーで

表面的な強さではなく、守る強さでなく、耐える強さ。

 

私がジャーでいられる、穏やかでいられるのは、

べーちゃんがそれ以上に穏やかで強くて優しくて。

その器の強さ大きさに助けられている。 

 

て当時の私がメモしていたものなので一言一句完璧に彼女たちの言葉ではないかもしれませんが、ニュアンスは合っていると思います。

 

 

互い、同期として花組として切磋琢磨しあってきた中でのこのお役。

本当にこの2人がジャーとビルマーヤを演じてくれて幸せです。(ウエクミ先生ありがとうございます...)

劇中の空気感や2人の視線の交わり方、指の先まで全ての演技がジャーとビルマーヤで。

 

度もあの時の組子で、花組でもう一度この「金色の砂漠」という舞台を生で観たい!と願ったことか。舞台という生のエンターテインメントを好きになって、特に宝塚を好きになって感じるのは、あの時感じた生の熱量を同じメンバーで感じることは叶わないということ。当たり前のことですが、いつも寂しさを感じ、だからこそ1回1回の観劇をすごく大切にしようと思えますね。

 

 

めて、

素晴らしい作品とそれを作り上げてくださった全ての方々に感謝を込めて!

 

kageki.hankyu.co.jp

 

 

ジャーとビルマーヤの話をどうか聞いてくれないか

 

色の砂漠は明日海さん演じるギィ、そして花乃ちゃん演じるタルハーミネの恋のお話です。

愛するあまりに、憎しみとも混沌させる、(相手を自分のものにしたいという)支配欲に代わっていくこの2人。そしてそれとは対照的な、与える愛。相手を思いやり、尊重する愛それがジャーとビルマーヤの2人です。

この2つの愛の根底には王妃と奴隷という「許されざる関係」があるというのが、一筋縄ではいかないウエクミワールドに引き込まれる要因にもなっていました。(ウエクミラブな主です)

 

 

ャーは幼き頃から、ビルマーヤの奴隷としてきちんと身分をわきまえ、しかしある種執事(?)のような雰囲気があります。ビルマーヤに言われたことをただするのではなく、そこに相手を思いやる気持ちが見え隠れしているような。

 

ジャーとビルマーヤ様の関係になくてはならない存在が汗っかきのゴラーズさん。

この方がまためちゃくちゃ良い人なのが、この物語を尚悲しいものにさせます。(ある意味罪な男だ…)ゴラーズさんが悪い人だったらと、何度願った事か。

ゴラーズさんは、鳥たちのために蒸し風呂のような部屋で午前中過ごしたり、奴隷であるジャーにも水を持ってきてくれたり、最後にはジャーを庇って自ら命を落としてしまうという。最初から最後までめちゃくちゃ良い人です。優しさの化身のような人です。

周りの人のことをいつも考えている彼だからこそ、ジャーとビルマーヤの気持ちにはすぐに気づいたのではないかと思います。「ジャーくんは優しいし、武術も堪能だし、美少年だし、しかもスタイルも良い。私が勝てるはずもないな。(cv.たそさん)」と自分で納得しているのがすごく想像できてしまう。

もちろん、言葉にはしませんが。ビルマーヤと結婚した後も2人の間に子供が出来なかったのは、ビルマーヤがジャーの事を想って躊躇したというのと、(ゴラーズさんも)心の奥にジャーを想うビルマーヤの気持ちを無視してまで抱く事が出来なかったからではないでしょうか。

 

 

宮で弓矢を使って鳥を仕留めようとするゴラーズさん。しかし上手くいかず。

弓をジャーに預けるのですが、彼はわざと外します。その瞬間を見てすぐに察しがついた顔をするビルマーヤが後々、「弓は得意だったじゃない。子供のころから。あの方の顔を立ててあげたのね」と。めちゃくちゃ遠回しに褒めるのですがそれで超ニコニコ笑顔になるジャーがまた可愛らしいです。

この弓のシーンと終盤のギィとの対決シーンを見て思ったのが、3人の奴隷(ギィ・ジャー・プリ―)の中で一番武術が得意なのはジャーではないかと。7年もの間復讐のために腕を鍛えてきたギィとほぼ対等に戦えている。そして、彼ならビルマーヤを守るために練習に励んでいるのが想像できます。

 

 

「あの汗っかきさんと結婚するんですか」

「本当に好きな人と結ばれないならだれでも同じこと」

「僕はあなたが好きです」 

 

ルマーヤがゴラーズさんを夫とする理由は、ジャーにも優しくしてくれる。ジャーを危ない目に合わせたくないからです。こんなにも想う相手がいるのに一緒にはなれない。だからこそ、せめて、その相手が「幸せになることを願う」という。何ともビルマーヤらしい、愛の表現方法だと思います。

 

 

してあのシーン…

ギィが王宮から脱獄し、ジャー自身も少しの間王宮から姿を消し帰ってきたシーンです(既に泣ける)

ビルマーヤは「ジャー…」と駆け寄って手を握って立ち上がりながらジャーを抱きしめるのですが、なんでしょう。ジャーが帰ってきて嬉しさのあまり衝動的に抱きしめてしまった!という感じには見えませんでした。それよりも、「帰ってきてくれたのですね。会いたかった」とあくまでも冷静にジャーの帰りを喜び、いつも抱きしめるようにジャーに身を預けている感じ。ジャーはその腰に巻かれた手をこれまたあくまでも冷静に引き名はしているのが、自分が元国王の息子だと分かった上でも尚、奴隷と王女の関係に変わりはないという彼なりの決意が見えました。

 

「誇りにかけてあなたの元から去ろうと思った。

あなたが他の人のものになるのは見まいと、もう奴隷などではいないと一度は思った。

なのに、あなたを置いていく覚悟ができなかった。誇りのないみじめな男だ」

 

「帰ってこなければ、死んでしまおうと思った。 

私はあなたがいるから生きているのよ」

 

ここが、涙なしで観られましょうか…私は今のところ一度もハンカチなしで観れたことがありません。

ルサンクで台詞を確認したわけではないので、確信は持てていませんが、ビルマーヤの「あなたがいるから生きているのよ」の「生きている」が進行形なのが個人的に好きです。「生きていられるのよ」「生きていたのよ」と少し変わるだけで解釈がまるで違ってくる台詞だと思っています。ウエクミ先生が書いた台詞「生きているのよ」と、べーちゃんの優しい声が素晴らしい掛け合いをみせています。

 

この2人の曲「ジャーとビルマーヤの歌」

(当時タイトルがまんますぎるだろ!と話題になりました)

短い曲ですが2人の心を繊細に言葉にしている本当に美しい曲です。

開始2秒で泣けます。

「あなたを守りたい、あなたを支えたい親しいその命を変わらぬ心で」

どこまでも、相手を思いやり愛しているからこそ結ばれない2人。国のしきたりです。運命なのです。しかしギィとタルハーミネのように過ちを犯すことだってできたでしょう。しかし、この2人が選んだのは、相手を守って支える愛でした。

 

歌詞が「愛しいその命」ではなく「親しいその命」なのがまた秀逸すぎませんか。

ギィとジャーが兄弟でその母親がアムダリア

タルハーミネとビルマーヤは異母姉妹で父親が王ジャハンギール

血は繋がっていないものの、戸籍(という概念があるかは置いといて)上、2人は兄妹になります。それが分かっている上での「親しい」なのか、はたまた

この時の2人を表す言葉が「愛しい」ではなく、それを超えたもの「親しみ」だったのか…答えがあるものではないですが、皆さんはどうお考えですか…!

 

「これからはこの話をするのはやめましょう」

「えぇ」

「最後に言いますあなたを愛しています。いつまでも」

 

この台詞の後、ゴラーズさんに駆け寄るビルマーヤが切ないです。

観劇した時は気づかなかったのですが、円盤だとゴラーズさんがいつも使っているハンカチを出してビルマーヤに語り掛けているシーンが抜かれています。

もしかしたらビルマーヤが泣いていることに気付いてそっとハンカチを差し出したのか…?(何たる良い男)

 

 

語は終盤へ。復讐を決意したギィがジャーに戦いを挑みます。そしてジャーを庇ったゴラーズさんが亡くなってしまう…嗚呼ゴラーズさん…彼は本当に最後の最期まで人のために生きた人でした。ありがとう。

 

そして新王即位の前夜のジャーとビルマーヤ。王宮で生きていくことを認められたジャーでしたが、ビルマーヤと共に王宮を出ることを既に決意していました。彼にとって平穏な暮らしを打ち破ったギィの元で生きることは、初めから選択肢にはなかったのではないかと思います。

 

ビルマーヤの「ジャー…私は」で悟った彼は、言葉を遮るようにこう言います。

「ゴラーズさんを愛しているんでしょう。僕の心も昔と同じじゃない。

 僕の恋は時間をかけて家族のようないたわりに変わってしまった。

 でも僕は、ビルマーヤという妹を守る。」

 

 

恋心が、家族のような情に変わったんだ。だから、僕のことを兄と思ってくれていいから、君のそばにいさせてほしい。そんな風に強がっている台詞に聞こえてなりませんでした。

 

「兄のような恋が羨ましいな」

そう呟き、笑顔ではけていくジャーがなんとも心憂いです。

 

タルハーミネとテオドロスの子を抱いて、砂漠の旅に出る2人。

きっとこの子は、2人の愛に包まれてすくすくと成長していくのだろう。

何も知らないまま大きくなり、幸せになってほしい。どうか。

哀しみだらけのこの物語の中の希望です。

 

 

「僕はいつか他の誰かを愛して幸せになるだろう」

は常に変化するもの。それを一番近くで目にしたジャーがこれを言うと、心にくるものがあります。もはやこの言葉は、僕はタルハーミネではない他の誰かを愛して幸せになるんだという自分自身への戒めなのではないかと思ってしまうほどでした。(深読みしすぎ)

 

 

語の序盤にピピが愛について(幼少期の)ギィに語る台詞があります。

「愛というのにはふたつあって、相手を自分のものにしたい、相手を支配したいという愛と、相手の幸せに尽くす愛がある。尽くすことだ。」

この台詞はまさにギィとタルハーミネ、そしてジャーとビルマーヤというふたつの愛を顕著に表した台詞だったのではないかと、今になって気づきました。

見るたびに感想と涙が溢れ出る、素敵な作品に出会えて幸せです。

宝塚を好きになり、この作品を観られる今の時代に産まれたことに感謝しています。

 

 

なりかなり長くなりましたが、

ここまで読んでいただきありがとうございます!

 

まだまだ書きたいことがあり、ちょくちょく編集してしまうと思います。

皆さんの解釈もぜひとも聞きたいです。語り合いましょう…

花組退団者さんの発表

 

組の退団者さんの発表がありましたね

 

kageki.hankyu.co.jp

 

々な憶測が飛び交っていますが

私はただただ、花男さんの横で微笑み、踊る彼女たちをもっとみていたかった。

それだけです。

寂しい。悲しい。

 

退団してからも活躍してくれるであろう実力のある方々ばかりです。

だからこそ、花組にまだいてほしかった。

ずっと見ていたかったというのが本音で、

結局私の乏しい語彙力では寂しいしかでてこない。

 

 

Twitterをみていると「花組崩壊」との文字も見かけます。

そんなこと言えないし言いたくない。

花組は私自身が初めて組として好きになり、応援していこうと思った組です。

まさか花組がそんな風に言われるようになるなんて、考えてもみなかった......

 

 

情がいろいろ間に合っておらず散文で申し訳ないです。

花組を含む宝塚を愛する皆さん、今夜はともに悲しみに浸りましょう。

 

 

ほんとに涙が止まらないです

 

ようこそ明日海の花園へ

 

日海りおさんの退団公演の制作会見があったみたいで...

ついに。ついにこの時が来ましたか。

「明日海りお」と「退団公演」が並ぶ。この時を一ファンとして迎えられることを、嬉しくも悲しくも思います。

 

 

つの記事を公開された順に載せておきます。(もはや自分用)

日刊スポーツさん

www.nikkansports.com

 

朝日新聞デジタルさん

www.asahi.com

 

スポニチさん

www.sponichi.co.jp

 

WANI BOOKOUTさん

www.wanibookout.com

 

真はもちろん、記事も少しずつ内容が違うのでぜひ全て読んでみてください!

(皆さん既にお読みか...)

 明日海さんの青い衣装はカメラの色彩設定(?)でかなり違った印象になるみたいで、どの記事の写真も雰囲気が違いますね。

個人的には最後のWANI BIIKOUTさんの記事に載っている明日海さんがとても美しくて好きです。

 

 

もっと進化して、皆さんうなるような舞台にしたい。

容赦なくダメ出しいただいて、花組も10ランクくらいアップしたい 

 

 

~~~~~~~~楽しみだ。既に胸が高まっている。けどきっと、目の前で明日海さんの燕尾姿見ちゃったら涙が止まらないんだろうな。

 

 

日海さん最後の黒燕尾、必ずこの目で見たい!いや見る!

だーーーがしかし!私が明日海の花園へ入れる入園チケットはまだない。

(今のところ全て全滅)

入園チケットを必死に探す日々です。頑張ります。

芹香さんちのキャン様

 

「とび出せ!ワンにゃんパラダイス!」に

芹香の斗亜さんと愛犬キャン様が出演されていましたね~!

予告画像が出た瞬間から、キャン様のカメラ映りの良さに人間ではないのか...と疑われるほどで。何度観てもキャン様のお顔がキマりすぎていてお気に入りの写真になりました(笑)

 

 

はようやく昨晩観ることができ...終始キャン様にデレデレのキキちゃん。(にデレデレの私)

 

 

「ハンナのお花屋さん」の千秋楽の翌日に、ふらっと立ち寄ったペットショップでお二人は出会われたそうですよ...ナニソノ運命

1日購入を検討して次の日にはキキちゃんの腕の中に。(なんとも羨ましい)

 

 

前は初め、茶色で小さかっために「からあげちゃん」。そしてふわふわしてたので「わたあめちゃん」を検討したらしいですがどちらもご家族に反対されて結局「キャンディーちゃん」に落ち着いたらしいです。

動物に食べ物の名前付ける方は結構よく見かけるのですが、まさか唐揚げをチョイスするとは...

 

 

の後に桜音れいさんの愛犬、ミミちゃんとのコラボタイムが始まるのですが、

・キキちゃんの膝の上でグデーーーっとなっているキャン様

・キャン様に対して赤ちゃん言葉みたいになるキキちゃん

・ミミちゃんを抱っこしたあとにゲシゲシ蹴られているキキちゃん

・「キャン様を可愛がっている芹香さんが可愛いです」「キャン様の手足が長くて芹香さんにそっくりなんです」とオタク目線のコメントをくれる桜音さん

などなど他にも沢山の必見ポイントがありましたので

録画している方はぜひ今すぐみましょう(強制)

 

 

、あとキャン様と初めて会った日の写真をみせながら

「(初めは)600gしかなくて、ほんとに大きな唐揚げくらいしかなくて...」

と話すキキちゃんに盛大に吹きました。600gの唐揚げ...

 

 

キちゃん、そしてキャン様!

末永くお幸せに(違)

 

 

明日海りお様に恋シテきた

 

「恋スルARENA」のライブビューイングを観てきました!

すでに2日たっているので少し忘れちゃったところも多いですがとりあえず感想を...

 

 

何故か感傷的になる序盤

 

ーーーん!とみりおが登場して、

そこからだんだん組子が集まってきたのですがみりおの横にはあきらとマイティ―の姿が。

れいちゃんは特出だし、ききちゃんとちなつさんは他組へ。そんな現実を目の当たりにしてしまい、なぜか一人で寂しくなる。けどみりおのキラキラ笑顔とノリノリの2人を観ながらなんとかテンションを戻す。あきら×マイティ―の肩幅コンビの安定感がすごい。

 

「恋スルARENA」の中で事前に告知されてた掛け声をまさかのぶっつけ本番でやるという無茶振り。予習は必須のようで、みりおも「大丈夫~?いけるかな~?」的なことを言っていました。現地の掛け声はどんな感じだったんですかね!?

残念ながらLv会場までは聞こえず、どんな雰囲気だったのかわからなかったです...

 

 

ダンディーボイスで囁く瀬戸かずやと無邪気な笑顔でロックオン水美舞斗

 

きらとマイティ―のコンビは終始すごかったっす...

Lvの映像に映っているだけでもファンサでウインク連発してましたし、ダンスバトルの時は「かわいこちゃんみつけたよ」と小学生くらいの女の子を連れてくるあきら...

あきらの連れてきたかわいこちゃん、恋アリのTシャツの裾部分をアレンジしていてそれをあきらも話題に出してて素敵だった~!かわいこちゃん自身も、作ったであろう家族のかたも、きっと嬉しかっただろうな~~~!

 

イティ―が選んだかわいこちゃんは美人のお姉様。お姉様に手を差し出したりしてちゃんとエスコートしてるのが最高過ぎて...最後優勝が決まった後にハグ?してましたよね...お姉様生きておられますか...!

 

 

後の組子の挨拶でLvの方では明日海さんの「マイティ―」の声と共にカメラが切り替わって、顔が涙で濡れに濡れてるマイティ―が映った時は会場がざわめきました(笑)

そしてそこからの元から頭イかれてるのに発言でさらにざわめきました...うぇーんって少年のように泣いていたマイティ―。完全にもらい泣きした私。そして私の横の方も。最後まで全力で愛を伝えてくれるマイティーお疲れ様でした!そしてありがとう!!!

 

してあきらはあきらで、ちょうどこのタイミングで花組生で、明日海さんがいてくださって、たくさんの偶然が重なってこの場に立てているんです!!奇跡なんですよ!!(ニュアンス)という私たちファンの気持ちを完全に代弁してくれた挨拶でした...あきら最高!!こうして映画館であきらの挨拶を聞けてることも奇跡だ!!たくさんの奇跡に感謝!!!

 

 

常に見えない尻尾を振ってるれいちゃん

 

出のれいちゃんが出てきたときは笑っちゃいました...

テンションの高さが全く動いてもないのに表情に素直に出てるし、いざ踊るってなったら動きにも出まくってました。「U.S.A」の時は誰よりも頭と腕と脚をぶんぶん振っていて、カメラがどれだけ遠くから撮ろうとも、れいちゃんがどこにいるか秒で分かるほどに一人だけ動きが激しかった...かわええ...

 

中 明日海さんとの軽めのMCの時にも、テンションや話し方がまんま道明寺光で、明日海さんにも「入ってるなぁ...(かなりニュアンス)」的な(役が入ってるなぁという意味だと思う)ことを言われていて面白かったです。

 

後、明日海さんから「特別だからね」と挨拶を振られて、

手をぶんぶん上下に振って、身体を揺らしながら「あ、あ、あかあか赤坂チームはッ!!!!」って言い始めた時は思わず劇場で吹いちゃいました。本当にかわいらしくて憎めない(そもそも憎む理由がないけど)人でした。あきらに「泣いちゃう?泣いちゃうでしょ?」と少し煽られてるのも最高だったので必ず円盤化をよろしくお願いします。

 

 

花組ニューヒロイン華ちゃん 

 

の日がお披露目だったニューヒロインの華ちゃん!

個人的に、明日海さんとSHISHAMOを歌ってくれたのがうれしかったな~あの曲を男女で歌ってほしいというひそかな願望があったので、まさかそれが宝塚で叶うなんて!

 

してめちゃくちゃ正直な気持ちを書いてしまうと、明日海さんの華ちゃんに対する言葉のかけ方や選び方に疑問を覚えたのは確かで...。なんだろう。全体的に小さな子供に頑張れるよね?できるかな~?と話しかけている感じ。めちゃくちゃ緊張している華ちゃんの緊張をこれ以上強めないための言葉かけだったのかな...

 

よりも一番ショックだったのは、明日海さんが正面から手を握った後にクルっと華ちゃんを回してバックハグになる形(伝われ)。宝塚ではあるあるのあの流れの時に明日海さんと華ちゃんの手のタイミング(?)なのか握り方なのかが合ってなかったことです...明日海さんの手が困っているのを初めて見ました。自分でもよくわからないのですがとても悲しかった......

 

いうちに、しかも明日海さんの相手役としてトップになった華ちゃん。

正直ほんっっっとうに色んなプレッシャーがのしかかっていると思いますが、明日海さんの退団公演、最後の相手役さんとしての最高の状態の華ちゃんを期待しています。

私も、イチ花組ファンとして影ながら応援しています!これからの花組を盛り上げていってほしい。その想いでいっぱいです。

 

 なたはいつか大きな花を咲かせる。だから明日を信じていきましょう!

 

私も、明日海さんがだいすきでーーーーーーす!

 

山の組子さんたちが最後の挨拶で明日海さんに大好きを伝えていましたが、

私も声を大にして言いたい!!!!!!

 

明日海さん、そして花組が大好きでーーーーーーーーーす!

 

本当に出会えてよかったあなたに!!!

 

イブ終盤で黒燕尾に着替えられて出てきたときは、涙が止まらなかったです。(情緒不安定)このシンプルな装いが明日海さんの男役のオーラと美しさを際立たせますね。

Lvのカメラワークで、燕尾姿で歌っている明日海さんの背中と会場を同時に(引きで)映す絵があり、大きな会場で男役明日海りおが歌ってるのが本当に本当に格好良かったです。会場にいるファンの方のブレスレットライトの光も相まって最高でした。ぜひ円盤化お願いします。

 

(予想以上に長くなりそうなのでこの辺で辞めておこう)

 

塚を含め、「娯楽」は人生の中で、そして生きていく上で必須なものではないと思うんです。けれど私はその必須事項ではないものを好きになり、愛し、こうして自分の人生をかけて(大げさ)応援しています。

生の舞台を見ることで幸せが満たされて、公式からの情報に一喜一憂したりして。

そんな日々が最高に楽しいです。

 

 

の記事をまとめるのであれば、

公式さん、どうか円盤化を......何卒よろしくお願い申し上げます!!!

 

して最後に。

花組、最高!!!!!!!!

 

 

 

感情が追いつかない花男

 

ちらの記事の続きです...

自分の思っていた以上に感想が長くなってしまった...

 

 

tkrzk-kzrkt.hatenablog.com

 

 

二幕は第一幕同様、類君が帰ってくるところからの始まり...

距離感といい、常にニコニコしている感じといい、確実に何かが変わっている類にドギマギするつくしちゃんがかわいい。類くんパリで何があったのよ!

 

 

かしつくちゃんが類君にドギマギしてることなんて全く気付かない道明寺光くん。特許を使用し学校を休みにして、みんなで道明寺家の別荘に行っちゃうんですね。流石ですブルジョア

女の子を連れての旅行(?)とのことで、美作・西門ペアの本領発揮具合が素晴らしかった。しかし何故かそこに参戦する類君。女の子からの誘いに「いいけど、何するの?(甘い吐息)」とか「こういうこと?(甘い吐息)」と言いながらキスしちゃったり...ひぇぇ。観てるこっちが恥ずかしいんじゃぁぁああ!

 

 

明寺光くんと牧野美伶ちゃんは2人で同じ部屋。ここでの道明寺からのバックハグはドキドキした...急に男出してくるなぁもう!しかしベッドはつくしちゃんに譲って自分はソファで寝るというのもまた可愛い。ちなみにこのソファで寝るときの高速道明寺君必見です。

この後の浜辺のシーン...類君がつくしちゃんに「夜は寂しいんだ...5分だけ抱きしめて...」的な甘々なセリフを言うんですが、そりゃあ抱きしめますよね。つくしちゃんも好きだったわけだし。好きだった相手に抱きしめて...なんて言われたら無条件にYESですよ。まぁ、抱き合ってるとこみられて道明寺光くんが激怒しちゃうんですが。

その時の道明寺光くんが、怒りを静かに表現してたのが印象的だったな...ガチで心の底から怒ってる感じ。

 

 

のいろいろあった旅行が終わって帰ってきてからは、

牧野家の「玉の輿ソング」※めちゃくちゃポップで面白い と

道明寺による「牧野許さねえソング」※めちゃくちゃ怒ってる の2曲が掛け合いみたいな感じで歌われます。結構好きな場面だな...牧野家の楽観的な感じに癒されるし、一幕のクラブのシーンであんなにセクシーだった高翔さんがめちゃくちゃ凡人(褒めてる)に変身してるのも見どころ。

 

 

明寺に突き放されてから、類君と食事を重ねる牧野美伶ちゃん...しかし食事の場でも道明寺のことを話題にだしちゃうんだよね...道明寺愛されてんな...。

この後、類君が道明寺を呼び出し殴り合いの喧嘩に。どこからか美作・西門コンビも現れ止めに入ったかと思いきやの4人で殴り合い。しかし4人とも殴られるの上手い!!!吹っ飛び方も上手い!!!殴りあってお互いの気持ち吐き出してすっきりしている様は青春でした。

 

 

解してひと段落ついたと思いきや、今度はつくしちゃんのお父さんがサラ金に300万の借金ができるという新たな展開。牧野パパ(高翔さん)、クラブでダンサーとして雇ってもらいな...

そんなこんなで、ティーンオブジャパンに牧野を出演させて優勝させよう!と言い出す道明寺。牧野のことを本気で”イイ女”だと思っているからこそ、本気で優勝させようと奮闘。ブルジョア階級の英才教育を受けてきたF4がつくしちゃんに様々なことを教える。

道明寺からはダンスを教わるのですが、くるくると可憐に踊る道明寺光をしり目に、全く踊れない牧野美伶ちゃん。本当はバリバリ踊れる人が踊れない演技するの新鮮でしたが上手...本当に踊れない人に見えました!!!お前、本当に何もできないんだなと貶しつつ、それでもつくしちゃんのことを”イイ女”だと思っている道明寺がすごく実直で愛おしかったです。

 

 

ンテストの日、「牧野300万」の横断幕を自作して持って行ってるあたり、道明寺可愛すぎません?しかもF4の他のメンバーに持たせようとする感じも可愛いです。とにかくここのコンテストのシーンの道明寺の表情の変わり具合がすごくて、(その時々の感情をそのまま顔で表現してる)ここの一連のシーンのためにDVD買っても良いと思うくらい素晴らしい演技でした。

城妃美伶ちゃんはね...本当に身体能力が高すぎる!!!ドレス姿で片手側転→側転→縄跳びで二重跳び!!!すごい!!!会場がどよめきました。美伶ちゃんの底力を見せてもらった気がします。あれを毎公演こなしていると思うと...すごい。(語彙力の欠如)

とにかくティーンオブジャパンのシーンは見どころ沢山ありすぎて数回見ただけでは魅力の全てを網羅するのは不可能ですので皆さま、円盤をポチりましょう。

 

 

つくしちゃん準優勝おめでとうございます!

私の中では確実に優勝でした!!!(急)

 

 

日の空港のシーン!めちゃくちゃ最高だった!!!

道明寺光がキスしようと正対したまま顔を近づけるのですが、それを顎を引いて目を伏せる牧野美伶ちゃん。この時点で会場の動機がすごい。観客の皆さんの息を止める音がきこえました(嘘)そしてくすっと笑って美伶ちゃんを抱き寄せながらキスする道明寺光!!!!やりおったな!!!!野口先生!!!!ありがとうございます!!!!流石です息するの忘れましたよ!!!!

 

 

さなころから大好きだった「花より男子」がまさか時を超えて、これまた大好きな宝塚で上演されるなんて思ってもみませんでした。振り返ると3時間があっという間で。

れいちゃん、美伶ちゃんを含む花組の組子の実力をいかんなく発揮した公演でした。

素晴らしかったといえばそれまでで、自分の語彙力の少なさに悲しくなるのですが、本当に素晴らしかったです!!!

 

 

F4は存在しました!!!

花より男子の世界は存在しました!!!

 

 

kageki.hankyu.co.jp